日記・Life

心に火をつける

更新日:

LINEで送る
Pocket

【安井息軒生家にて】
吉田松陰の松下村塾の話になり、
人生はどれだけ心に火を灯してくれる人に
出会えるかだよなあ~と。

そして自分も人の心に火をともす人でありたいなと。

息軒先生も並大抵の志ではなかったはずであると

想像をする

 

こんな田舎町で、と思うが、

田舎町だからこそ志あるものが生まれるのかもしれない。

それはやっぱり『世の中を良くしていきたい』ということではないでしょうか。

いつの世もそれは変わらない。

 

結局は自分の生をどう生かすか


人の死に触れる度、我が身を振り返る。
優しさや意思、想い。

走馬灯のように

頭の中を巡る


生きている間にしかできない人生ゲーム。

いつの時代も
変わらないものはやはり『情熱』だと思う

みんな熱い思いを抱いているんだよね

 

輝く一瞬を待ち望んでいる

 

私達は火付け役 『チャッカマン』かもしれない☺️笑

そしてそんなあたたかくも熱い存在でいたい

 

藁葺屋根のこの時代

電気もガスもない時代を思ってみる

案外良い暮らしなのでは。

 

清武町生まれ『安井息軒』生家

 

 

山茶花・椿の季節ですね

 

 

ここから10年先の未来に向けて

社会のシステムや企業は焦点を当て進めていくでしょう

私達個人がそこに抵抗しても

その波に逆らうことは難しいです

だったらその中で、

どのポジションを捉えればよいか

時代にあった自分に変化、

進化して行くことなのかなと思います。

 

自分の中の世間的な今までの慣習を変え、

新しい意識をあえて習慣づける。

日々の変化のその先に

進化している新しい自分を

発見できるのではないでしょうか!

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

LINEお友達追加

友だち追加

-日記・Life

Copyright© 工房 銀の波 公式サイト GINNONAMI_CRAFTS_STUDIO 暮らしを彩る手仕事 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.